独立開業の仕事や職種を選ぶ

独立開業の仕事や職種を選ぶことで収入の立て方や
将来の方向なども決まってくると思います。




独立開業にいたっては、ご自分の適性があり、それら仕事や職種の
開業のしやすさなどもあるでしょう。


独立開業の職種



国家資格認定業務


主に国家資格が必要な仕事ですと、独立開業にいたるまでに
資格試験の合格やそれに携わる業務や経験も長く必要になります。


医者や弁護士、税理士など難解な資格取得や実務経験が豊富に求められると思います。



技術系


技術系では整体師や職人さんなどが思い浮かべられます。
その他ネイルサロンや美容師から歯科技工士
街の自転車屋さんなどもそうでしょう。



その他、鍵師で開業したり、探偵事務所を開くなど資格は
いらないものもあります。



こうしてみても実に様々な独立開業のための職種があります。
そして、やはり独立開業の第一歩として、資格が必要なことや
経験によって、技術があることが条件となるでしょう。




しかしながら、こういった資格や技術の無い方は一体どうやって
独立開業を目指すのでしょう。




それは現代のビジネスモデルを映し出したとも呼べる
フランチャイズ方式があります。




フランチャイズという加盟の名のもと、看板や信用はその会社のものが得ることが
できます。また、研修などを積めば、一から修行を積むよりも早く営業を開始することもいち可能です。



もちろん商品などの仕入れルートや売り上げ金の処理にも
端末データでおこなうことで、かなり的確な管理がおこなえる
のも、未経験者でも安心して始められるのではないでしょうか。



資格や技術の無い人にとってはむしろチャンスの幅が
あると思います。




下手な固定観念に惑わされることなく、経営に邁進できるのが
メリットの一つでもありますよね。



こうして、ビジネスが軌道にのれば
そういった資格や技術を持つ人を高額で雇ったしても
おつりがでますよね。



ぜひとも、成功の名のもと、独立開業という選択肢も
付け加えてもよいかもしれません。
posted by 金持ちまさくん at 04:02 | 独立開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。